リサイクルトナーとは

環境にも財布にも優しいリサイクルトナー

コピー機

コピー機は企業で欠かせないものです。汎用コピー機は、単にコピーをするだけではなく、会社案内を制作したり、インターネットでデータを伝送したりなど、機能が進化しています。 そうした中で、トナーは用紙とともに大変重要なものです。トナーはリサイクルトナーとなっており、価格も安くなっています。 リサイクルトナーの仕組みとしては、回収されたトナーは、中の粉を充当して再包装し、再度リサイクルトナーとして生まれ変わるわけです。皆さんもよく使われているシャンプーの詰め替え用のようなものなのです。 リサイクルトナーは、詰め替えた粉と再包装の費用がかかることになりますが、トナーの外側の部分は使いまわしされるため、価格を安く抑えることができるのです。 環境に対する意識は更に高まっているので、この流れは今後も変わらないでしょう。

様々なサービスが自動化されています

リサイクルトナーの交換をはじめとして、保守点検、異常点検など、汎用コピー機のサービスは自動化されているのが現状です。企業側から連絡をしなくても、リサイクルトナーの回収や保守点検をしに来てくれます。汎用コピー機の中に、トナーの残量や印刷回数をカウントする仕組みが内臓されており、コピー機会社へリモート送信しているのです。 都度の価格は安いので、あまり気になりませんが、請求書の価格や使用状況などは、しっかりと確認をしましょう。使用状況には、印刷回数なども記載されているので、印刷状況がチェックできます。 通常は、毎月の使用回数にそれほど大きな差が出ませんが、異常なカウント数が出ていたら、原因を確認し改善することが可能です。小さいことですが、軽費削減は企業にとってとても大切なことです。